『セルロイドの海』平野悠

恋と海と風をテーマにした、ピュアでイノセントな〈航海文学〉

ライブハウスを経営しつつも仕事はほぼリタイア状態にある〈私〉は、悠々自適な生活を送っている。70歳を過ぎ、自身が生きる上でテーマの一つである〈旅〉の集大成として、三度目となるピースボートの渡航でまだ見ぬ北極圏を目指す。

ピースボート〈オーシャンドリーム号〉には1,000人余りの乗客がいたが、その7割が60歳以上の老人という〈動く養老院〉だった。

船内の様々なレクチャーに興じるなか、〈私〉は習字サークルで敬虔なクリスチャンである〈晴美〉と出会う。度重なる夫の浮気に辟易し、夫から逃げるようにピースボートへ乗り込んだ60歳過ぎの清楚な女性だ。

幾度かの〈晴美〉との逢瀬に、何十年ぶりかの恋の悦楽を思い出した〈私〉は我を忘れて老いらくの恋に身を投じる。一時は互いに惹かれ合うものの、「この恋は神が許さない」という〈晴美〉の頑なな信条により、二人の距離は次第に離れていく。

〈晴美〉と入れ替わるように〈私〉の前に現れた〈麗子〉は、生涯独身を貫く63歳。〈私〉とは趣味嗜好もライフスタイルも正反対だが、その天真爛漫な性格に少しずつ惹かれていく。

愛人とセックス三昧のエロ親父、自殺願望を抱く偏屈な老人、亡き妻の写真を携帯する元造船業の男性、昼間からウイスキーを煽る88歳の老人、夫の形見の金時計に話しかける老婆、長年の不倫生活を清算した折り紙の先生、会社の株の配当で悠々自適な大企業の元役員、夫のDVが原因で離婚した女性、孤独とオカリナを愛する元薬剤師、世界の豪華客船のほとんどに乗ったと豪語する貴婦人、人間嫌いの元数学教師、船上で人生を終えた老人……船内で知り合う数々の老輩との交流を通じ、〈私〉は人生の終活期をどう過ごすべきかを考える。そして、〈晴美〉と〈麗子〉に出会ったことで、70歳を過ぎても恋はできる、それは何物にも代え難く尊いものだと実感する。

全106日、23カ国を跨ぐ全長5万4,343キロの旅のなかで、古希を過ぎても好奇心旺盛な〈私〉が再び恋に目覚め、晩秋に差し掛かった自身の人生航路を改めて見つめ直す。恋と海と風をテーマにした、ピュアでイノセントな〈航海文学〉、ここに誕生。





平野 悠 著
四六判/並製/336ページ/定価:本体1,800円+税
ISBN978-4-7927-9583-2 C0093 \1800E
2020年6月上旬発売
発行:ロフトブックス
発売:世界書院
販売価格 1,980円

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

ロフトウェブショップお知らせ

【お知らせ】新型コロナウイルスの感染拡大防止のため店舗の休業をしており現在発送が遅れております。5月中旬以降の発送となる場合がございますのでご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

★shop@loft.shop-pro.jpから注文メールが届きますので、受信のドメイン指定をお願いします。お問い合わせいただいても返信できない場合がございます。
また、メールでのお問い合わせに対する返信は、土日祝日を除く営業日になります。あらかじめご了承ください。
★郵便振替は郵便局からの振替受け取り通知を確認してからの発送となりますので、発送に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
★実物と色や形が異なる場合がございます。
★不良品以外の返品・交換は受付けておりません。
★お盆、年末年始等の長期休暇の発送は通常より1~2週間お時間を頂く場合がございます。