定本 ライブハウス「ロフト」青春記|平野悠

独自のコミュニケーション空間を構築していく様と知られざるミュージシャンたちの横顔

まだ「ライブハウス」という言葉すらなかった時代──。坂本龍一、山下達郎、浜田省吾、サザンオールスターズ、BOØWY、スピッツなど、日本のロックのパイオニアを数多く輩出してきた音の「ゆりかご」=ロフト。

本書はその49年に及ぶ波乱の歴史の黎明期を創始者・平野 悠が自ら書き綴った、壮大なフォーク/ロック・クロニクル。烏山(1971年3月)、西荻窪(1973年6月)、荻窪(1974年11月)、下北沢(1975年12月)、新宿(1976年10月)、自由ヶ丘(1980年6月)と、9年の間に6店舗のロフトを矢継ぎ早にオープンさせ、手探りのまま独自のコミュニケーション空間を構築していく様と知られざるミュージシャンたちの横顔は興趣が尽きない。

歌謡曲に対するカウンター・カルチャーとしてのロックが日本で市民権を得る過程において、ロフトが果たした役割とは一体何だったのか? また、既成の音楽に飽き足らず、若い表現者たちが発する“五線譜に乗らない音”を一貫して支持し続けてきたロフトのスタンスとは? それらが躍動感溢れる筆致で描かれた本書を読めば、ロフトの歩みが日本のロックの歴史と符合することを実感できるはずだ。

「こうして自分の半生を書き綴ってみて思ったのは、何やかんや言って僕の人生はロフトと共にあったということでしょうね。10年近いブランクはあったにせよ、こうして49年間ロフトとともに過ごしてきたわけだから。この本の中で書いたことはロフトにとってまさに青春だったし、日本のロックにとっても青春に当たる時代だった。だから『ライブハウス「ロフト」青春記』というタイトルにしたんです。それと、僕の人生においてお客さんとのコミュニケーションが凄く大事だったんだなと改めて思いました。僕はずっとお客さんに育てられてきたし、お客さんこそが先生だったわけです。出演者やお客さんとの信頼関係を築きながらライブハウスという心地好い空間を作り上げて、自分の人生を切り開いていった。その紆余曲折の様をこの本の中で余すところなく書き綴ったつもりです」(平野 悠)


平野 悠 著
四六判/並製/312ページ/定価:本体1,700円+税
ISBN978-4-7927-9584-9 C0095 \1700E
2020年6月上旬発売
発行:ロフトブックス
発売:世界書院
*本書は2012年に講談社より刊行された『ライブハウス「ロフト」青春記』に加筆・修正を施し、新刊として再編集したものです。
販売価格 1,870円

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

ロフトウェブショップお知らせ

【お知らせ】新型コロナウイルスの感染拡大防止のため店舗の休業をしており現在発送が遅れております。5月中旬以降の発送となる場合がございますのでご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

★shop@loft.shop-pro.jpから注文メールが届きますので、受信のドメイン指定をお願いします。お問い合わせいただいても返信できない場合がございます。
また、メールでのお問い合わせに対する返信は、土日祝日を除く営業日になります。あらかじめご了承ください。
★郵便振替は郵便局からの振替受け取り通知を確認してからの発送となりますので、発送に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
★実物と色や形が異なる場合がございます。
★不良品以外の返品・交換は受付けておりません。
★お盆、年末年始等の長期休暇の発送は通常より1~2週間お時間を頂く場合がございます。