THE ROOSTERZ / THE CROSS ROAD MEETING at SHINJUKU LOFT

※商品の発送は5月23日(月)以降となります

2010年7月7日、新宿ロフトで行なわれた花田裕之の生誕祭2日目『Hiroyuki HANADA AGE 50th GIG“NAGARE PREMIUM”DAYS 2』でまさかの再結成を果たしたTHE ROOSTER“Z”。
花田裕之(vo, g)、下山 淳(g, vo)、穴井仁吉(b)、三原重夫(ds)という“FOUR PIECES”に加え、朝本浩文(key)がサポート・メンバーとして参加した白熱のライヴは解散から22年を経たブランクを微塵も感じさせず、THE ROOSTERZの音楽が内包する普遍性の高さをまざまざと見せ付けた。
メンバー自身も当日のパフォーマンスに手応えを感じたのか、今年再び“Z”が復活。5月21日(土)に福岡サンパレス ホテル&ホールで一夜限りの単独公演(『福岡サンパレス 30TH ANNIVERSARY PRESENTS THE ROOSTERZ「FOUR PIECES LIVE AGAIN」』)が行なわれる。このライヴ開催を記念して発表されるのが『THE CROSS ROAD MEETING at SHINJUKU LOFT』と題された本DVDだ。先述した“FOUR PIECES”によるライヴ本編をノーカット収録した他、柞山一彦(b)と灘友正幸(ds)による中期編成のアンサンブルもボーナストラックとして収録するなど、ザ・ルースターズの中期から後期にかけての代表曲が精選された内容となっている。どの楽曲にもメンバー各自の22年間の身の来し方がそのまま音の厚みと深さとして投影されていることが実に感慨深く、武骨だがコクとまろみを格段に増したリズムとビート、円熟したグルーヴは今だからこそ体現し得た味わい深さがある。
再現出来なかったはずのジグソウ・パズルが音のヴィーナスに引き寄せられ、一葉の曼陀羅画を成すTHE ROOSTERZという名の群像劇。その克明な記録として資料性も高い本作は、彼らのスリリングなアンサンブルの妙味を存分に堪能できる至高の一枚と言えるだろう。

01. GUN CONTROL
02. 再現出来ないジグソウ・パズル
03. NAKED HEAVY MOON
04. OH! MY GOD
05. EVERYBODY'S SIN
06. 鉄橋の下で
07. HURT BY LOVE〜LAND OF FEAR
08. 曼陀羅
09. (Standing at) THE CROSS ROAD
10. PASSENGER
11. SEARCHIN'
THE ROOSTERZ (DECEMBER, 1987〜JULY, 1988) are
HIROYUKI HANADA (vo, g) / JUN SHIMOYAMA (g, vo)
NIKICHI ANAI (b) / SHIGEO MIHARA (ds)
support member:HIROFUMI ASAMOTO (key)
bonus tracks
12. TRANSMISSION
13. STRANGER IN TOWN
14. CRIMINAL ROCK
THE ROOSTERZ (APRIL, 1985〜NOVEMBER, 1987) are
HIROYUKI HANADA (vo, g) / JUN SHIMOYAMA (g, vo)
KAZUHIKO SAKUYAMA (b) / MASAYUKI NADATOMO (ds)
support member:RYUTARO KIHARA (key)
15. ENDING (NEON BOY)

all tracks from
Hiroyuki HANADA AGE 50th GIG“NAGARE PREMIUM DAYS 2”
at SHINJUKU LOFT, JULY 7, 2010
販売価格 3,908円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

電脳おじさんよりご注意

★shop@loft.shop-pro.jpから注文メールが届きますので、受信のドメイン指定をお願いします。お問い合わせいただいても返信できない場合がございます。
また、メールでのお問い合わせに対する返信は、土日祝日を除く営業日になります。あらかじめご了承ください。
★郵便振替は郵便局からの振替受け取り通知を確認してからの発送となりますので、発送に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
★実物と色や形が異なる場合がございます。
★不良品以外の返品・交換は受付けておりません。
★お盆、年末年始等の長期休暇の発送は通常より1~2週間お時間を頂く場合がございます。