Dachambo / Dr.Dachambo in Goonyara Island -グニャラ島のダチャンボ博士-

2004/09/15
PLEASURE-CRUX
RTPC-006

01. stoned monky
02. Conga La Gotta〜ZONBIE〜
03. D’JAJUFAY
04. KONDUUU
05. Goonyara no mori
06. Stop the rain
07. Gauche On the Acidrainbow
08. Bomga La Gotta〜so hard〜

<セルフライナー>
「DACHAMBO博士のオルタナサイケ研究」
全く以て混沌としている。。世の中が、政治が、経済が、音楽までもだ。
理想郷とは一体何処に存在するのかは分からないが、個人レベルで誰もが必ずしも心の中に持っているだろうし、そうあって欲しい。前回の「aphrodelic ngoma」はDACHAMBO7人の現存的風景を描写していたのに対し、今回は各々の内面に写し出した理想郷「グニャラ島」でのセッションを中心に収められている。
そこで出会った幻覚植物研究家、ダチャンボ博士に導かれるまま、私達はセッションを繰り返し、曲を作ったりして、自由に遊ばせていただいた。一部ではあるが、今回時間の許す限り収録させていただいた8曲は、懐古主義的でも無ければ、若さにまかせて主義主張のみを優先する訳でも無く、只々時間と言う軸を超えて遊び楽しむ為のものである。何でも枠で囲うのは止めにして、貴方もダチャンボ博士と旅に出る時です。
愛と笑いのグニャラ島へLet’s Tripppp!!

01:stoned monkey
ジャッキ−世代である。全くスキの無いブルース・リ−より親近感の持てるあの強さが好き。劇中曲をうろ覚えでやるとこうなる。まずはダチャンボ博士のお出迎え。You should be stoned!

02:Conga La Gotta〜ZOMBIE〜
ライブでは馴染み深い名曲。反復するラテンリズムと爆音ギターが徐々にに絡まり始めて爆発して、敬愛するFELAのZOMBIEへ傾れ込む。祭りが始まる臨場感を楽しんで欲しい。合言葉は「ラティーンッ!」

03:D’JAJUFAY
アフリカの言葉で「イカシテル!」の意らしい。DACHAMBO内の陰と陽をぶつけあいながら、サイケデリックの渦へ。やりたい放題に見えて実はタイト。
So cool。

04:KONDUUU
神のみぞ知るスタジオでのセッションを、巨匠エンジニア近藤さんが編集した変態音。ディジュリドゥが大蛇のようにうねりまくる。

05:Goonyara no mori
グニャラ島では全ての物が歪んで見えますが、ここはその密林の奥深く。ツインベースに笹笛に水パイプまで使って森の中を祭り歩く。そして夜空に激しく瞬く、見た事もないような星を一同垣間見るのである。

06:Stop the rain
行った事のないカリブ海を情景に、悲しみの雨もスコールのように過ぎ去ってくれれば、全て割切った過去にはならないものか?爽やかで切ない大人なDACHAMBOも居たりする。

07:Gauche On the Acidrainbow
宮沢賢治の世界で生きるゴーシュも、ここではまたグニャラ島の住人である。雨が上がりゆっくりと虹の上を歩き出すゴーシュ。その上で奏でるセロの音は、決して争いを求めたりはしないだろう。

08 :Bonga La Gotta〜so hard〜
聞き覚えのあるフレーズが、突如戻り出す。そう、結局はメビウスの輪のように輪廻転生を繰り返すのだ。現実世界の扉を開き、理想の世界に近付ける為の祭りは更に続く。ん〜、Life is so hard。
販売価格 2,415円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

電脳おじさんよりご注意

★shop@loft.shop-pro.jpから注文メールが届きますので、受信のドメイン指定をお願いします。お問い合わせいただいても返信できない場合がございます。
また、メールでのお問い合わせに対する返信は、土日祝日を除く営業日になります。あらかじめご了承ください。
★郵便振替は郵便局からの振替受け取り通知を確認してからの発送となりますので、発送に時間がかかる場合があります。ご了承ください。
★実物と色や形が異なる場合がございます。
★不良品以外の返品・交換は受付けておりません。
★お盆、年末年始等の長期休暇の発送は通常より1~2週間お時間を頂く場合がございます。